category: 用語解説  1/1

仮想通貨、ICOで知っておきたい用語 ③:「AirDrop」(エアドロップ)

仮想通貨/暗号通貨の世界でいう「AirDrop」(エアドロップ)とは、仮想通貨やトークンを無料で受け取れるサービスのことをいいます。ICO(新規仮想通貨公開)を実施する企業などが、ホワイトリスト(事前登録)などへの申請を条件にして配布したり、ICOプロジェクトのTwitterやTelegramの公式アカウント・チャンネルへのフォロー、参加を条件にしている場合などその条件も様々ですが、もらえるトークンや仮想通貨の価値は配布時点...

  •  0
  •  0

仮想通貨、ICOで知っておきたい用語 ②:「Private Sale」「Pre Sale」「Crowd Sale」

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)に参加する際、「Private Sale」「Pre Sale」「Crowd Sale」という単語がよく出てきます。日本語表記すると「プライベートセール」「プレセール」「クラウドセール」というこの用語は知っていればなんてこと無い言葉ですが、、、私も初めは・・・・・((´・ω・`;))・・・・・。何となく・・・こういうことかな?という感じでした笑きちんと整理して理解しておけば...

  •  0
  •  0

仮想通貨、ICOで知っておきたい用語 ①:「deposit」「withdraw」「fiat」

仮想通貨/暗号通貨で海外の取引所を利用したり、ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)に参加する際に切っても切れないのが、、、英語ですね(´・Д・)」海外のホームページやホワイトペーパーは基本英語ですし、調べないと分からない・・・。調べても意味がいっぱいあって、ここではどういう意味なんだろう?というものもあります。今回は、第1弾として「deposit」「withdraw」「fiat」の3つの英単語について...

  •  0
  •  0

ICOでの注意点。KYCとは?

みなさん、英語は得意ですか??実は、私はめちゃくちゃ苦手でいつも苦労しています(笑)海外企業やグループのICOに参加する際、当然ホームページから何から外国語です。基本的には英語ですね。日本語に対応しているホームページもありますが、日本語対応していないことも・・・。※ ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。※ KYCとは"Know Your Customer"の略の事で、和文...

  •  0
  •  0

ICOとは?

ICOとは、initial Coin Offering/イニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開)のことで、以前の記事「トークンとは?仮想通貨(暗号通貨)との違いは?」でも少し触れましたが、新規株式公開(IPO)の仮想通貨バージョンと考えると分かりやすいかと思います。企業などが新しい事業を立ち上げるにあたり、「トークン」を発行して投資家から資金調達を行う手法をICOといいます。...

  •  0
  •  0

トークンとは?仮想通貨(暗号通貨)との違いは?

● 仮想通貨≒暗号通貨:独自のブロックチェーン技術で作られた通貨(BTC:ビットコインやETH:イーサリアムなど)● 法定通貨:円¥、ドル$、etc 紙幣や貨幣などの実体のある通貨● トークン:元々は証拠・記念品・代用貨幣・引換券・商品券などの意味を持つ英単語。暗号通貨の世界では、(ビットコインやイーサリアムなどの)既存のブロックチェーン技術、プラットフォームを借りて作った通貨のことを指すことが多い● ブロック...

  •  0
  •  0