archive: 2018年01月  1/2

ICO ⑪:COINVEST(コインベスト)

このICOは終了しました。COINVEST(コインベスト)のICOの紹介です。「COINVEST」のホームページはこちら。Coinvestは仮想通貨の世界初の分散型株式市場です。 Coinvestは誰でも仮想資産の個々のインデックスまたは精選されたインデックスに実際に1つのコインを通じて投資することができます。 Coinvestはユーザーが1つのプラットフォーム、1つのウォレット、1つのトークン(COIN)を持ち、デジタル投資ポートフォリオを作成して複...

  •  0
  •  0

ICO ⑥-Ⅱ:PM7

このICOは終了しました。PM7のICO続報です。分野はインターネット広告です。「PM7」のICO参加はこちらから。PM7 は、 オンラインとオフラインプロジェクトのために広告の世界を根本的に変えるように設計された分散型の革新的なアフィリエイトマーケティングプラットフォームです。※ PM7トークンは保有者に配当があるタイプのトークン(通貨)です。・ホームページが日本語対応しました。・android用のアプリの提供が始まっていま...

  •  0
  •  0

twitterアカウントを作ってみた

twitterデビュー(^◇^)サイト運営するならtwitterアカウントを作った方がよいと言われ、分からないながらに登録してみました(・Д・)ノ個人アカウントも持っていなく、まさか今になってtwitterに登録することになるとは思ってもいませんでした(笑)既存記事の追記アナウンスや、記事にするほどのことでもないようなことを呟くのにはちょうど良いかな~と思っているのですが、少しずつ使い方を学んでいきたいと思っているような...

  •  0
  •  0

ICO参加のメリット・嬉しい誤算

ICOへの参加はリスクがあります。そもそもScam(詐欺)だった…という可能性すらあるわけですが、上場後の値上がりを期待してICOでtokens(トークン)を購入しようと考える人はどんどん増えていると思われます。株式のIPO(新規株式公開)や銀行融資と違い、実績がなくても短期間に資金を得られるということでICOを実施する企業等が増える中、一言にICOと言っても様々なパターンがありますので、一部紹介させていただきます。例えば...

  •  0
  •  0

海外の仮想通貨取引所の登録:HitBTCの登録

注意:2018年6月に日本在住者へのサービス提供の一時停止が発表されました欧州(イギリス)の取引所で、世界に数ある取引所の中でも大手の仮想通貨取引所:「HitBTC」を紹介します。ICOをやっていればよく目にする取引所です。新規上場先が「HitBTC」ということは多いので、上場後なるべく早く取引したいと考えている人は、口座を開設しておくとよいかと思います。また、取扱いの通貨・トークンは約400種類とかなり多く、レアなト...

  •  0
  •  0

ICO ⑨-Ⅱ:TraDove(BBCoin)

このICOは終了しました。<2018/3/2追記あり>:受取ウォレットの登録。<2018/2/2追記あり>:PreICOは終わり、Public Saleが始まっています。「TraDove」のお得なPreICO期間がもう少しで終わります。・PreICOの価格1 BBCoin = 0.12 USD(2018/1/31まで)・Public ICOの価格1 BBCoin = 0.16 USD(本セールは2018/2/1~2018/2/28)TRADOVEの詳細やICOへの参加方法等については、前回記事:「ICO ⑨:TraDove」をご覧ください。「Tra...

  •  0
  •  0

ICO ⑩:The Magnus Collective(MGS:マグナス)

<ICO期間修正済:2018/2/15><公式ウェブサイト移行更新:2018/3/21>Magnusは、投資家や組織のためのロボットオートメーションとAI自動化の世界を定義するために作られました。Magnusは知識、スキル、処理能力の世界的な市場を創出するインテリジェントなAIエージェント、ロボット、センサ、ハードウェア、人間からなる最初の真の分散型ネットワークです。開発者がソフトウェアを安全に配布し、収益を上げるための柔軟なツール...

  •  0
  •  0

国内の仮想通貨取引所:Zaif(ザイフ)の登録

国内の仮想通貨取引所:「Zaif」の紹介です。以前紹介した「coincheck(コインチェック)」は見やすいなど便利ですが、私が国内の仮想通貨取引所で取引を行うときは、今回紹介する「Zaif」がメインとなっています。Zaifは近畿財務局における仮想通貨交換業者としての登録(登録番号00002号)を完了し、正式な仮想通貨交換所として営業しています。その他、特徴や優れている点などを紹介させていただきますので、気になった方は口座...

  •  0
  •  0

ICO ⑧:BitconnectX

このICOは終了しました。Bitconnect取引所閉鎖を受け、BitconnectXのICOの記事を編集して再掲載することにしました。BitconnectXは低い手数料での送金を実現し、迅速なトランザクション(2分以内)を提供する暗号化交換の基礎となる通貨を目指すということです。BitconnectCoin(BCC)の送金手数料も非常に安いので、それを可能とする技術は持っていそうですね。ご存知の方も多いでしょうが、レンディングで人気を博していたBitcon...

  •  0
  •  0

ICO ⑨:TraDove(BBCoin)

このICOは終了しました。現在のTraDoveプラットフォームはビジネスパートナーとビジネスソーシャルネットワークを結びつけています。次世代プラットフォームはブロックチェーンとAI駆動のソーシャルネットワーキング技術を利用して、企業のバイヤーとセラーの発見サイクルをさらに短縮し、B2Bの透明性を高め、ユーザーの信頼を拡大し、企業間精密広告を可能にします。さらに、BBCoinは国際貿易のためのより良い支払手段を提供する...

  •  0
  •  0

ICO ④-Ⅲ:RentberryのKYC

このICOは終了しました。<追記あり:2018/1/19><追記あり:2018/2/2><追記あり:2018/2/7>以前紹介したRentberry(レントベリー)ですが、ICOサイトの「CRYPTONOMOS」にログインしたところ、KYC手続きの案内がありましたので、さっそく登録。2018年の注目ICOトップ10にランクインされ紹介されているということもあり、注目度は高いICOです。★ 前回記事「ICO ④-Ⅱ:Rentberry(レントベリー:2018年注目ICOのTOP10)」★ 前々...

  •  29
  •  0

ICO ⑦-Ⅱ:DADI

このICOは終了しました。購入が殺到して管理人も購入できませんでした(-.-)10万人以上が既にCroudsaleに登録しているようです。「DADI」のICO参加はこちらから。PreICOに参加できるのはわずか500人のみで、2017/12/30と2018/1/1に登録された2500人の中からランダムに選ばれるといったようなことが書かれています。直訳してみると、これは「宝くじ」ということです(笑)PreICOに参加できなかった人は、本ICOで参加することになりま...

  •  0
  •  0

国内の仮想通貨取引所:coincheck(コインチェック)の登録

2018/1/26にハッキングにより「XEM:ネム」が流出。コインチェック代表が緊急会見 顧客の仮想通貨約580億円分の流出を認める (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース仮想通貨取引サイト「Coincheck」を運営するコインチェックは1月26日、都内で会見を開 - Yahoo!ニュース(ねとらぼ)headlines.yahoo.co.jp2018/1/28に補償内容が発表されました。補償金額: 88.549円×保有数。セキュリティに問題があったとはいえ、今回の騒動に対する補償内...

  •  0
  •  0

ICO ⑤-Ⅱ:BANKERA(バンクエラ)の経過情報

このICOは終了しました。前回記事の「ICO ⑤:BANKERA(バンクエラ・バンケラ?)」はこちらから。「BANKERA」のICO参加はこちらの「SpectroCoin」から。BANKERA(バンクエラ)のICO資金調達額が5,000万ユーロを超えました(2018/1/7時点)。出資者も43,657人となっており、2018/2月末までICO期間は継続するのでまだまだ資金調達が可能となり、プロジェクト成功の可能性が高まっていると感じます。BNKトークンは配当があるタイプの...

  •  0
  •  0

2段階認証アプリのバックアップについて

2段階認証の設定をしていますか?ほとんどの人は、資産を守るためにきちんと2段階認証を設定していることと思います。2段階認証の設定方法の一つとして、スマホアプリの「Google Authenticator」(以下:Google認証システム)を利用している人が多いと思いますが、バックアップがきちんとできていなかったり、良いバックアップ方法を知りたい!という人のために、私が実践しているバックアップ方法を紹介します。※ 「Google認...

  •  0
  •  0