ICO ⑱:GoNetwork(GOT:GoToken)

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

このICOは終了しました。

<2018/5/13追記あり:Public token sale開始が2018/6/11~>

分野は「ブロックチェーンサービス」です。
GoNetworkは、Ethereum(イーサリアム)向けに拡張性の高いある低コストのモバイル初のネットワークインフラを構築しています。このプロジェクトチームは、世界32カ国から400人以上が参加した世界最大のEthreum Hackathon(ハッカソン)の「ETHWaterloo」の優勝者で強力なチームです。

※ Hackathon(ハッカソン)とは、「hack(ハック)」+「marathon(マラソン)」からの造語で、ソフトウエア開発者が一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行いその技能やアイデアを競う催しのことです。


「GoNetwork」のホームページはこちら
「GoNetwork」のBlog Postsはこちら

ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。


スポンサーリンク

     

GoNetworkとは

GoNetworkは、大量のモバイル、デスクトップ、およびWebプラットフォームで使用されるEthereum用の低コストで拡張性の高いネットワークを構築しています。今日の技術は革命的ではありますが、大衆消費者市場に対応するために解決する必要のある重要な課題を抱えています。
最も普及している暗号化通信で処理できるトランザクションの数は、テクノロジーが大規模に効果的に使用されるために必要なものに比べてわずかです。GoNetworkの目標は、強力なビジネスユースケースを考慮しながら、強力なチームを作り、研究開発に大きく投資することで、これらの問題を解決することです。アルファ版は現在「アルファ版リンク」で入手可能となっています。




GoNetworkのGoToken

ブロックチェーン技術の主な関心事は、トランザクションのスピードとコストです。
ビットコインのようなブロックチェーンのトランザクションは高価で遅いです。使用量が増えるにつれて、Ethereum(イーサリアム)も時間の経過とともに同じ問題を抱えています。GoNetworksソリューションは、オフチェーントランザクションを許可することでこの問題を解決します。

★ 可能性
GoNetworkは、兆ドルのモバイル経済および商業市場向けに設計されてい ます。

★ インフラ
主な目的は、オフチェーンのEthereum ERC20トークンのためのモバイルの最初のネットワークを構築することです。これは、高速で安価で待ち時間の短いインフラです。

★ GoNetworkがEthereumを速くする
オフチェーンで完了したオフチェーン取引の数に基づいて取引コストを償却することで、典型的な高頻度のワークフローでは、トランザクションのコストはEthereum上でトランザクションを直接実行するよりも数桁低くなります 。

★ トランザクションを安くする
ブロックチェーン技術の大きな懸案事項は、トランザクションのコストが高いことです。GoNetworksソリューションは、オフチェーントランザクションを許可することでこの問題を解決します。


GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

GoNetworkは、世界最大のEthreum Hackathon(ハッカソン)の「ETHWaterloo」の優勝チームです。
GoNetworkは、暗号化を大衆にもたらすというビジョンを達成するために、モバイルプラットフォーム用のEthereum上でトランザクションを安価に1秒あたりに拡張するインフラストラクチャを開発することから始めます。
また、世界中のプラットフォームを宣伝し、インフラストラクチャのさまざまな部分にブロックチェーンを適用することに関心のある政府や組織との潜在的なパートナーシップを検討します。

「GoNetwork」のホームページはこちら
「GoNetwork」のBlog Postsはこちら

Telegram、テレグラム←Telegramの公式チャンネルはこちら。2018/3/5時点で参加者70,000人を超えています



プロジェクトチーム
GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

顧問
GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、


ICOの概要

「GoNetwork」のホームページはこちら

・ トークン名:GOT
・ プラットフォーム:Ethereum
・ タイプ:ERC20

・ 総発行量:1億トークン
・ ICO供給量:5,000万トークン
2018/3/5時点で、ICO開始時期は未公表です。

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、


ICO参加方法

「GoNetwork」のホームページはこちら

上のリンクから公式ホームページへ飛び、「JOIN WHITELIST」からホワイトリストの登録を進めます。

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、
GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

上記の登録が完了したら、下の2つの確認メールが届きます。
1つはGoogleフォームからで、もう1つはGoNetworkから届きます。
GoNetworkから届いたメールのリンクをクリックして、登録を完了させます。ロボットじゃないですよ~の確認チェック後、「Subscribe to list」をクリックして登録完了です。

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

と、まずはここまでです。
2018/3/5時点で、ICO開始時期は未公表です。
新たな情報が入ったら更新予定です。

「GoNetwork」のホームページはこちら
「GoNetwork」のBlog Postsはこちら


<2018/5/13追記>

Public token sale開始日が公表されていました!
2018/6/11開始ということで、ボーナスについても下図のように発表されました。
詳細なKYC登録が必要になるようです。

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

続編記事については下記リンクを参照ください。

ICO ⑱-Ⅱ:GoNetwork(GOT:GoToken)のKYC - ICO

分野は「ブロックチェーンサービス」です。前回の記事で紹介したGoNetworkは、Ethereum(イーサリアム)向けに拡張性の高いある低コストのモバイル初のネットワークインフラを構築しています。...





※ 投資は自己責任でお願いします。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment