仮想通貨、ICOで知っておきたい用語 ②:「Private Sale」「Pre Sale」「Crowd Sale」

プライベートセール、プレセール、クラウドセール、英語、English、日本語、Japanese、訳、翻訳、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、private sale、pre sale、crowd sale、

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)に参加する際、「Private Sale」「Pre Sale」「Crowd Sale」という単語がよく出てきます。
日本語表記すると「プライベートセール」「プレセール」「クラウドセール」というこの用語は知っていればなんてこと無い言葉ですが、、、
私も初めは・・・・・((´・ω・`;))・・・・・。
何となく・・・こういうことかな?という感じでした笑
きちんと整理して理解しておけば、ICOに参加する際の悩みも1つ解消しますので、しっかりと覚えてしまいましょう。




     
プライベートセール、プレセール、クラウドセール、英語、English、日本語、Japanese、訳、翻訳、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、private sale、pre sale、crowd sale、

一般的にICOのトークンセールは、
「プライベートセール」→「プレセール」→「クラウドセール」
の3段階で実施されます。

実施時期が早いほど投資額に対するトークンのボーナス率が高かったり、割引率が高いことが特徴で、「プライベートセール>プレセール>クラウドセール」の順に参加恩恵が大きくなっています。

ただし、ICOによってまちまちで、特に決まったルールがありません。
クラウドセールのみというものもありますし、クラウドセールのみといいつつも、それを複数の段階に分けて割引率を変えることで、実質はプレセール→クラウドセールと同じやん・・・ということもあります(゚∀゚)


■「Private Sale」(プライベートセール)

プライベートセールは、特定の投資家などや一定条件を満たした参加希望者向けに早期に実施するセールで、大口投資ができることが前提となることが多いです。
オープンに行われることはあまりなく、クローズドな環境で開催されることが多いため、私を含めた一般投資家には具体的な実施時期が公開されず、実施後に調達額が発表されるということが多いという印象です。
実施側はプライベートセールのために、個別に大口投資家や協力者などに参加を要請したりするようです。

参加はできないのか?

早い段階で「White list」(ホワイトリスト)に登録しておくことで参加資格を得られることもありますが、参加するための最少投資額が大きすぎるため、私は参加したことがありません・・・。
不可能な額では無いという方も少なからずいると思いますが(例:20ETH以上)、元々リスクが高いと言われているICOですから、1つのICOにそれだけ投資できるだけの余力(資力)がある人はそうはいないのではないでしょうか。
プライベートセールは大口投資が前提で、そもそも一般投資家には参加する機会も無いことが多いというものです。






■「Pre Sale」(プレセール)

プレセールはクラウドセール前の事前販売のことです。
一般投資家の人は、このプレセールから参加資格を得られることが多いです。
プレセールで参加することで、クラウドセールより「高いボーナス率」「高い割引率」を享受することが可能となります。
なお、プレセール期間中でも、第1週目は50%割引、第2週目は40%割引・・・など、段階的に割引率を変動させるといったこともよく見られます。

プレセールですべてのトークンが完売してしまい、クラウドセールが実施されなかったというICOもありましたが、
プレセールでの販売トークン数に上限を設定しているといったものもあり、これまたまちまちですね(。-_-。)






■「Crowd Sale」(クラウドセール)

クラウドセールは、他にMain Sale(本セール)と表記されることも多いです。
Main Saleという言葉の通り、クラウドセールが主な販売(期間)ということになります。
クラウドセール(本セール)期間中でも、第1週目は30%割引、第2週目20%割引・・・など、段階的に割引率に変動させるといったこともよく見られます。





トークンの値下がりリスクは常につきものですが、少しでもボーナスや割引にありつきたいものです。
そのためには、なるべく早めの参加がお得ということになりますので、
「プライベートセール>プレセール>クラウドセール」の順に参加恩恵が大きくなるということは覚えておきましょう。


※ 投資は自己責任でお願いします。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment