ICO ⑱-Ⅱ:GoNetwork(GOT:GoToken)のKYC

  • CATEGORYICO
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

分野は「ブロックチェーンサービス」です。
前回の記事で紹介したGoNetworkは、Ethereum(イーサリアム)向けに拡張性の高いある低コストのモバイル初のネットワークインフラを構築しています。このプロジェクトチームは、世界32カ国から400人以上が参加した世界最大のEthreum Hackathon(ハッカソン)の「ETHWaterloo」の優勝者で強力なチームです。
Public token sale が2018/6/11~開始予定となりました。

「GoNetwork」のホームページはこちら
「GoNetwork」のBlog Postsはこちら

ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。





     

Private Presaleは2018/4/18にスタートしており、 Public token sale が2018/6/11~開始されると公表されました。
GoNetworkプロジェクトチームは、世界32カ国から400人以上が参加した世界最大のEthreum Hackathon(ハッカソン)の「ETHWaterloo」の優勝者で強力なチームであり、そのプロジェクト内容も含めて個人的に期待度も高いICOです。

※ Hackathon(ハッカソン)とは、「hack(ハック)」+「marathon(マラソン)」からの造語で、ソフトウエア開発者が一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行いその技能やアイデアを競う催しのことです。


GoNetworkについては、前回の記事を参照ください。

ICO ⑱:GoNetwork(GOT:GoToken) - ICO

分野は「ブロックチェーンサービス」です。GoNetworkは、Ethereum(イーサリアム)向けに拡張性の高いある低コストのモバイル初のネットワークインフラを構築しています。このプロジェクトチームは、世界32カ国から400人以上が参加した世界最大のEthreum Hackathon(ハッカソン)の「ETHWaterloo」の優勝者で強力なチームです...



・ トークン名:GOT
・ プラットフォーム:Ethereum
・ タイプ:ERC20
・ Public token sale:2018/6/11~
・ ボーナスは下図の通り

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、


GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、
「GoNetwork」のホームページはこちら

Public token saleに向けたKYC登録がスタートしましたので、上のリンクからホームページへ移動して「REGISTER FOR TOKEN SALE NOW!」をクリックして登録を進めましょう。
下図の通り「名前」「Eメールアドレス」「パスワードの設定」を行い登録を完了させると、専用ページへ移行します。

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、


ログインすると、下図のようにKYC登録を進める画面となります。
順に登録していきます。
1では、個人情報等の登録から、ETHウォレットアドレス、投資予定ETH量の事前登録などがあります。
Google翻訳なども駆使して確認の上で、登録を進めましょう。

2では、私はいつも公共料金明細をアップロードします。
今回も登録後すぐにクリアしました。

3では、運転免許証の選択が可能でしたので、そちらで登録。
手作業による確認中・・・というエラー画面の状況ですが、そのうちクリアすると思います。
パスポートで登録するのが早いと思いますが、あまりパスポート画像をアップロードしたくないので可能な限り運転免許証で登録するようにしています。

3まで完了すれば、4をチェックして完了予定です。

GoNetwork、GoToken、GOT、ETHWaterloo、Hackathon、ブロックチェーン、イーサリアム、ETH、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、

自分の住所を英語でどう表記したらよいかわからないという方は、下リンクサイトがお勧めです(^_^)

君に届け! - 日本語住所を英語表記に変換

日本語住所を英語表記の住所に変換する無料Webサービス。海外サイトへの会員登録や手紙や小包を国際便で送る際の宛名・差出人などにご活用ください。



「GoNetwork」のホームページはこちら
「GoNetwork」のBlog Postsはこちら


※ 投資は自己責任でお願いします。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment