ICO ①:CRYPTERIUM(クリプタリウム)

CRYPTERIUM(クリプテリウム・クリプトリウム・クリプタリウム)

このICOは終了しました。
2018/1/14追記あり。
2018/1/23追記あり。

Hardcapが$47,000,000 USDで設定されていますが、既に$33,000,000 USD以上の資金調達に成功している「CRYPTERIUM」。
業種は金融となるのですが、個人的に金融系のICOには好んで参加しています。
(ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。)


スポンサーリンク

     CRYPTERIUM2.png
CRYPTERIUMへのICO参加はこちらから
CRYPTERIUM(クリプテリウム)について
8年後には暗号経済は10兆ドルを超えるだろう。Cryptobanksは、支払いインフラストラクチャと可能性の拡大、新たな暗号侵害支払いシナリオの作成、金利の引き下げにより、分散型経済と将来の日常生活との関係の基礎となります。クリプテリウムは今日、このような未来を創造するクリプトバンクです。

世界的に
・200 000 000潜在的なクライアント
・トランザクションコストを最大8倍削減
・国際収支の国境なし
・100倍以上のトランザクション処理速度

Crypteriumは、他のcryptocurrencyソリューションやブロックチェーン愛好家のチームとの連携を考慮し、包括的な垂直統合サービスの提供を目指しています。
・モバイルCryptobank
・Cryptocurrency取得ソリューション
・暗号化ソリューションソフトウェア開発のためのOpenAPIプラットフォーム
・融資ソリューションと交換


なお、トークン保有者の利点としては、下図のように説明されています。

3.png
4.png


ICO期間は2018/1/13までの予定ですが、
2017/12/14時点で、まだボーナストークンの受取りが可能です。
(通貨単位:CRPT)
~12/18 6%
~12/25 3%

CRYPTERIUMへのICO参加はこちらから


※ 投資は自己責任でお願いします。


2018/1/14追記

トークンの引き出し方法

既にご自身の「ERC-20」対応のWalletアドレスは登録済みでしょうか??
まだの方は、ログインして「PROFILE」の「Wallet」にMyEtherWallet等のアドレスを入力して、「Save changes」で保存。
画面下の方に「Withdraw tokens」というボタンを押してトークンを引き出します。送金が完了するまで数日待ってくださいということです。


ICOを始める前に「MyEtherWallet」を作成しよう。

ICOに参加しようという方は、まず「MyEtherWallet」で自分のウォレットを作成しましょう。ICOに参加すると、「トークン受取アドレスを入力してください」と指示されることが多く、「MyEtherWallet」が無いことでICOに参加できないということもありますので注意が必要です...





2018/1/23追記。

上場しました。
上場先などの情報は「coinmarketcap」で確認してみてください。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment