ICOを始める前に「MyEtherWallet」を作成しよう。

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット、MEW)

ICOに参加しようという方は、まず「MyEtherWallet」で自分のウォレットを作成しましょう。
ICOに参加すると、「トークン受取アドレスを入力してください」と指示されることが多く、「MyEtherWallet」が無いことでICOに参加できないということもありますので注意が必要です。
ICOによっては、例えば「MyEtherWallet」・・・というように指示されていることもあるくらいメジャーなものです。
(ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。)


スポンサーリンク

     

なぜ「MyEtherWallet」が必要?

イーサリアムのICOで利用されるトークンには、ERC20が多く使われています。
ICOに参加してくれた投資家へ新たなトークンを配る際にはそのトークンを保管しておくウォレットが必要になります。
仮想通貨、トークンと一口に言ってもその技術は様々なものがあり、プログラミング言語なども異なります。
そのため、基本的には仮想通貨、トークンそれぞれに対し異なる仕様のウォレットが必要になります。
ERC20という規格のトークンを利用する事でウォレットは1種類で様々なトークンを保管する事ができるようになります。
難しいですが、ERC20というキーワードがでてくれば、「MyEtherWallet」が使える!と思っていただいて大丈夫です。


それでは、作成方法について。

my3

画面の右上から言語を「日本語」選択します。
次にパスワードを作成します。大文字小文字の英数字で、予測されにくい9文字以上で設定して下さい。(よりセキュリティを高めたい方は15文字以上で設定して下さい。)
パスワードは必ず紙などに記入し、金庫など自分しか開けられない場所に保管して下さい。
パスワードを設定したら「お財布の作成」をクリックします。

my4

次に「秘密鍵のファイル」をダウンロードします。
このファイルは「My Ether Wallet」を開く際に必要になるので、絶対に紛失しないよう明確な場所に保存して下さい。
また、水色の点線の中には英語で注意喚起が記載されています。
* もし秘密鍵をなくした場合、再発行できないので紛失しないで下さい。
* 秘密鍵は共有しないで下さい。誤って悪質なフィッシングサイトにファイルが流失したら、あなたの資産が盗まれてしまいます。
* バックアップは備えておきましょう。将来的に何百万ドルの価値がある秘密伴になるかもしれないからです。
これを承諾できたらファイルをダウンロードし、「続けます。」をクリックして進みます。

my5

次に「秘密鍵コード」を安全なところへ保管します。この秘密鍵のみでログインすることが可能になります。
要するにこれを盗まれると、ウォレットの資産が盗まれることと同義なので、必ず安全な場所へ保存して下さい。
またプリンターがある場合、必ず紙に保存して下さい。紙で保存すれば、ネットを通じてハッキングされることもなくなるので、より安全に管理できます。

my8

my7

ログイン方法
秘密鍵を選択した場合は、秘密鍵をペーストして入力してください。
keystoreファイル選択した場合は、保存したファイルをアップロードしてください。


画面の見方についても合わせて載せておきます。


my9

こちらがログイン時のトップページになります。この画面では自分の「ウォレットのアドレス」「イーサリアム保有数(アカウント残高)」「仮想通貨の保有数(トークン残高)」を確認することができます。
トークン残高はウォレットに入っているイーサリアム以外の通貨の残高になります。

my10

my11

トークン残高については”Show All Tokens”をクリックするとマイイーサウォレットで扱える仮想通貨の一覧を見ることができます。ICOなどで特別なトークンを受け取る場合は「カスタムトークンを追加」をクリックし、受け取りたいトークンを選択することができます。
Show All Tokensマイイーサウォレットの”Show All Tokens”を選択すると取扱通貨一覧が出てきます。

最後に、コインの送金方法です。
メニューバーからトークンの送出を選択し、その後ログインを行います。

my12

ログイン後に「宛先アドレス」「送出するイーサリアムの量」「ガスリミット」を入力し、「トランザクションを生成」を選択します。
ガスリミットとは、イーサリアムの送金スピードのことであり、通常は21000となっています。ただ、ICOなどでガスリミットの数量が指定されている場合は、その数量を入力します。


ここまでが、登録から基本的な使用方法までです。
作成しようと思った人は、「MyEtherWallet」に登録してみてください。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment