ICO ③:indaHash(インダハッシュ)

indaHash(インダハッシュ)

このICOは終了しました。
2018/1/24追記あり。

業種はマーケティング&広告です。
ICO前のプレセールでは、終了まで待たずにわずか3日ほどで上限に到達して終了したほどの人気っぷり。
そんな私も、プレセールには間に合いませんでしたが「indaHashu」のICOを知り内容を確認するやいなや、即!登録して投資しました。
日本ではそこまで知名度はない?のだと思いますが、世界中で認知度は高いようです。
(ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。)


スポンサーリンク

     
insa2.png
現在ICO中ですが、2017/12/20までのあと6日ほどと期限が迫っています。
残念ながらボーナス期間は既に終了してしまっているのですが、それでも魅力あるICOだと思っています。
「indaHashu」へのICO参加はこちらから

indaHashu とは既にサービスを提供しているアプリサービスで、多くのインフルエンサーが登録しています。
インフルエンサーとは、InstagramなどのSNSで影響力がある人たちのことみたいです。
inda3.png


indaHashについて
私たちの使命は、デジタルインパクターを使って今までにない最高のキャンペーンを提供し、ブランドのコミュニケーションに真正性を戻すことです。

世界中のブランドに10億人のフォロワーを統合した300,000人以上のデジタル・インフルエンサーを結ぶグローバル・テクノロジー・プラットフォームであるindaHash.comは、今日、ICO(初期コイン・オファリング)の発売を発表しました。indaHashコインは、ソーシャルメディアのインフルエンサー、そのオーディエンス、ブランドに利用可能なユニバーサル暗号化支払い構造です。indaHashは、インフルエンサーが独自の暗号化通貨を作成できるようにするエコシステムを導入しています。indaHashコインの導入により、インフラストラクチャ、ブランド、および聴衆の間で幅広い問題と課題が解決され、世界のインフルエンサーネットワークが急速に成長する暗号化市場に参入できるようになります。ICOの事前配信は11月8日から開始されます。

高度に構造化された暗号経済システムのため、この成長市場の価値を反映して、すべてのインフルエンサー活動を解決するための世界標準の通貨になる可能性があります。このICOは革新的で安全なプラットフォーム上に簡素でシームレスなデポジットを可能にする一方で、デジタル製作者は最先端の支払い方法を利用することができます。実績のある製品、確立された実績、健全な収益、コカ・コーラ、マクドナルド、ロレアルなどの有名な顧客を持つ国際的なビジネスから来ています。


提携している企業は、誰もが知るような企業も名前を連ねています。
inda4.png


今後の予定は下図のとおり。
inda5.png


「indaHashu」へのICO参加はこちらから
・ 日本在住の方であれば問題ありませんので、規約に同意してください。
・ 最低参加価格は0.5ETHです。
・ ERC20対応のウォレットが必要です。「MyEtherWallt」などを用意してください。
「MyetherWallet」の作成方法はこちら

※ 既にボーナストークンがもらえる期間は終わっています。
※ 投資は自己責任でお願いします。



<2018/1/24追記>

上場しました。
上場先などの情報は「coinmarketcap」で確認してみてください。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment