ICO ④:Rentberry(レントベリー:2018年注目ICOのTOP10)

Rentberry(レントベリー)

このICOは終了しました。

業種は不動産です。「Rntberry」へのICO参加はこちらから。
ICOは2017/12/5から始まったところですが、ソフトキャップの$3,000,000 USD は既に到達しており、終了予定日の2018/2/13までにハードキャップの$30,000,000 USD を達成してトークン販売が終了してしまいそうな勢いですので、今ならまだお得なボーナス期間中ということもあってさっそく申込みしてみました。
(ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。)


スポンサーリンク

     re2.png

ICOが好調に進みそうだという背景に、既にトークン販売前に$4,000,000 USDの資金調達に成功しているという点が挙げられます。

re3.png

また、2018年の注目ICOトップ10にランクインされ紹介されているということもあり、嫌でも注目度は高いと思います。

re4.png
「Rntberry」へのICO参加はこちらから。

Rentberryとは
現在、Rentberryはユーザーに本格稼動している長期レンタルプラットフォームを提供します。ブロックチェーン技術を使用して、シームレスの長期賃貸を確保します。そして、クラウドソーシングのおかげで、テナントに賃貸保証金に結ばれた数百万ドルを解凍するのを手伝います。


つまり、不動産賃貸において仲介者を不要とし、テナントと家主が直接1か所ですべての賃貸問題を解決できるようになる・・・ということですね。
またRentberryは、長期賃貸分野のビジネスで既に成功して発展しており、120,000人以上のユーザーと、224,000以上の物件実績があるようです。

re5.png
re6.png

RentberryがこのICOで資金調達して目指すものは・・・

re7.png
re8.png
re9.png

賃貸物件を見てみると、アメリカの大都市圏は網羅しています。

re10.png

実績もあり、個人的な見解としてはビジョンも明確であると思います。
あるサイトでの情報では、メンバーを「強力なチーム」と紹介していました。
この辺りは私は分からないのですが・・・、前向きな意見が多いようです。
ロードマップは以下の通りです。

re16.png
「Rntberry」へのICO参加はこちらから。



Rentberryトークンとは?
Rentberryトークンはすべての取引を安全に保ちながら、長期賃貸プロセスの基準グローバルアプローチを改善させるために特別にデザインされた暗号通貨です。

・ トークン名:BERRY
・ 価格:1ETH=2,500 BERRY
・ 通貨:ETH, BTC
・ 最小購入:0.1 ETH / 250 BERRY
・ 期間:12月 5 (9:00AM, ニューヨーク, EST) ~ 2月 28 (11:59PM, ニューヨーク, EST)

早ければ早いほどトークンボーナスがあります。
2017/12/16日現在、あと3日ほどは+33%のボーナストークンを受け取ることができます。
「Rntberry」へのICO参加はこちらから。
re11.png
re122.png



トークンの購入方法について
Rentberryのパートナーである「CRYPTONOMOS」から購入することができます。
CRYPTONOMOS(クリプトノモズ)


この「CRYPTONOMOS」は、これまでにもいくつかのICOの仲介をしており、現在も進行形で「INS」「NTK」というトークンの販売をしています。
今後も新たなICOを提供することもあると思いますので、登録しておいて損はないと思います。

「CRYPTONOMOS」から「Buy tokens」をクリックしていただき、メールアドレス、パスワードを設定して登録をします。
どちらの「Buy tokens」でも構いません。シンプルですので、分かりやすいかと思います。
re19.png
re20.png

販売中とトークンの中から、「Rentberry」を選択して、購入「Buy」へと進みます。
「Rntberry」へのICO参加はこちらから。
re14.png

なお、先にBTCかETHを送金しておく必要があります。
ウォレットに資金を送る前はこんな感じです。
re15.png

仮想通貨を送金するためのアドレス確認は以下の通りです。
BTCかETHかどちらかを選択してアドレスを確認します。
re17.png

ETHを選択した場合は、下図のようになります。
指定のアドレスに送金完了したら、先ほどの要領で購入手続きを進めてください。
最後に「Buy」を押したら購入完了です。

re18.png

「Rntberry」へのICO参加はこちらから。

★ 追加記事あり。「ICO ④-Ⅱ:Rentberry(レントベリー:2018年注目ICOのTOP10)」はこちら。

※ 投資は自己責任でお願いします。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


11 Comments

村上信之  

RentberryICOの件

初めまして、ノブと申します。
RentberryICOに投資を考えております。
仮想通貨は全くの初心者です。最近イーサ購入したばかりです。
少し質問したいのですが、よろしくお願い致します。

①購入したトークンは自分のwalletに保管しなくてもよいのでしょうか?(1イーサくらい購入しMyPCとかスマホに保管)

②トークンを日本円に両替するにはどうすればいいのでしょうか?
(取引所に上場されないと円に替えられなのでしょうか?)

おだんさん、
初歩的な質問でお手数おかけしますがよろしくお願い致します。

2018/01/15 (Mon) 19:05 | EDIT | REPLY |   

おだん  

ノブさんへ。

ノブさん初めまして。
ICOはそれぞれトークン引き出しまでの流れが違うため、今回どうなるのか?ということは確定的にはお話しできませんが、通常よくあるケースでお答えいたします。

① 購入したトークンは現在「CRYPTONOMOS」内に保管されている状況(購入したままの状態)です。順次、KYC作業が進められているようですので、KYC作業をクリアするとご自身の送金先アドレスを指定することになると思います。
「MyEtherWallet」等のERC20に対応したウォレットアドレスを指定する必要があります。「coincheck」等の取引所アドレスは指定できないので注意してください(新しいトークンに対応していないため、トークンを紛失する可能性があります)。
ご自身のウォレットにトークンが送金されるのは、トークンセール終了後というのが多いです。
その後はオフラインで保管をすることも可能ですが、私はオフライン保管はしていません。どのように保管・管理するかは人によって違います。「MyEtherWallet」で保管しているという人が多いのではないでしょうか。上場された取引所に「MyEtherWallet」等のウォレットから送金し、その取引所で保管するという方法もありますしね。

② トークンを最終的に日本円に両替するには、取引所による交換が必要になります。個人売買も不可能ではありませんが、詐欺も多いようですのでお勧めはしません。いまは「上場するかな?」というよりは、「どこの取引所に上場するかな?」という感覚ですね。取引所への上場はICOを成功させる上で必須条件となりますので、人気のICOなどであれば非上場リスクはあまり心配していません。そもそも取引所に上場して流動性を持たせなければ意味が無い…というものがほとんどですから。
恐らく海外の取引所になると思いますが、上場した取引所にトークンを送金して、ビットコインやイーサリアムに交換します。その後、日本円に交換可能な「coincheck」等の国内取引所に先ほどのビットコインやイーサリアムを送金後、最終的に日本円に換えて出金するという流れですね。


質問の答えになっていますでしょうか?
ICOでは気長に待つということも大事です。送金しても中々反映されない、逆に自分のアドレスに全然送金されてこない…といったことはよくありますし、予定が変更されたり延期したりということもよくあります。
Rentberryについても随時更新していく予定ですので、また記事を確認していただければと思います。

2018/01/15 (Mon) 23:19 | REPLY |   

おだん  

Re: ICOの件(BANKERA)

ノブさんこんにちは。

BANKERAの件の質問ですが、結論から言うとそれだけの配当は無いと思います。

その方は、もしかするとアフィリエイト報酬を得ており、その分も含めた収益・配当を記事にされているのではないでしょうか?
BANKERAはアフィリエイト報酬制度があり、要件を満たすと配当と同様にETHで支払われます。

毎週の配当時点でBANKERAからメールが届きますが、直近の19週目配当時の報告では年間収益率6.3%に相当すると記載されています。
BNKを購入した時点でのETH価格、その前にETHを購入した時点での価格などで個人個人の収益率は変わると思いますが、所有している1BNK当たりの配当は同じはずですから、現時点ではそこまで高利回りのトークンではないと思いますよ。

私も日々勉強しながら実践している身ですが、以前の記事も含めて参考にしてください。

2018/01/17 (Wed) 10:47 | EDIT | REPLY |   

おだん  

Re: BANKERA配当の件

ノブさんこんばんは。

お役にたてたようで良かったです。
ちなみに、公開コメントで、メールアドレスリンクがOpenになっていた点について、リンクできないように修正しました。

2018/01/18 (Thu) 20:30 | EDIT | REPLY |   

ノブ  

Rentberry KYSの件

本日、RentberryよりKYSの連絡メールありました。
説明通りfeedボタンをクリックしても画面(メッセージ表示されません)が全く変わりません。
たしか、最初登録するときに免許証登録したような記憶があります。
一応クリプトノモスのサポートセンターに連絡しています。
こういうケースもあるのでしょうか?

2018/01/18 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   

おだん  

Re: Rentberry KYSの件

ノブさん、まだ慌てなくても大丈夫と思いますよ。

「CRYPTONOMOS」でのICOが初めてであれば、RentberryのICOでトークンを取得するのにKYC手続きをクリアする必要がありますが、④-Ⅲの記事に記載しているような「Get verification」のオレンジラインは既に表示されましたか?

私もICOに参加してからだいぶ経ってから表示されたので、それがまだなのであればもう少し待ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私はというと記事にしたKYC申請後、Pendingの状態が今も続いているので承認されるのを待っている状況です。

2018/01/19 (Fri) 00:07 | EDIT | REPLY |   

ノブ  

おだんさん、
いつもお世話になり大変感謝しております。ありがとうございます。
あれからレントベリーKYCの件でサポートチームよりメールがありました。
もう少し待ってください。との内容のようでした。
ちなみに仰るようなオレンジラインは表示されません。
しばらく待つことに致します。いつも騒ぎ立てて申し訳ありません。
BitconnectXの件良い方向に向かうとよいですね。

2018/01/19 (Fri) 06:07 | EDIT | REPLY |   

ノブ  

BANKERAの件

先日はBNK上場の件ではお騒がせ致しました。
今日は質問なのですが、SpectroCoinとは別に、BANKERA自体も取引所を運営しているのですね。
私の間違いでなければ本日2/26.15時現在1BNK/21USDで取引されてるようですが。
この取引所には日本人の私には参加できないのでしょうか?
また、HitBTC,SpectroCoin,BANKERA取引所,この3つは単なる取引所なのでしょうか?
またこれらの関係性はあるのでしょうか?
直接聞けば良いのですが、もしご存知でしたらと思いお聞きします。
よろしくお願い致します。
BANKERA取引所のURL貼っておきます。
https://exchange.bankera.com/


2018/02/26 (Mon) 15:39 | EDIT | REPLY |   

おだん  

Re: BANKERAの件

ノブさんこんにちは。

BANKERA取引所は現在はデモ版ということですから、実際に表示されてる価格で取引されているわけではないはずですよ。
まだICO期間中ですし、今はSpectroCoinウォレットからBNKトークンを動かせないはずです。

そのうち、登録して取引ができるようになるはずで、もちろん日本人でも取引可能となる予定です。
ちなみに公式チャットルームがありますので、そちらも参考にしてみてください。書き込みには登録がいるようですが、閲覧するだけなら登録不要ですよ。
https://chat.bankera.com/channel/japanese

Bankeraと、HitBTC・SpectroCoinとの関係はあくまでステークホルダーというか、パートナー企業という認識でいます。
SpectroCoinは取引所というよりも、ビットコインのプリペイドデビットカードのサービス提供を始めとした決済サービスがメインですね。そのほか、ウォレットの管理サポートや両替取引もやっているという感じです。
Bankeraについては今後銀行業務を行っていくわけですから、取引所の運営は事業・サービスの1つということになりますかね。
HitBTCは取引所でいいんじゃないでしょうか(笑)

将来的には他の取引所でも交換可能になってくると思っています(^_^)

2018/02/26 (Mon) 20:17 | EDIT | REPLY |   

ノブ  

デモ版ですか・・・・・

大変失礼致しました、とんでもない早とちりでした。
BNK/21USDに目がくらみました~(笑)

2018/02/26 (Mon) 20:32 | EDIT | REPLY |   

おだん  

Re: デモ版ですか・・・・・

ノブさん

そんなこともありますよ(^_^)!
勘違いしてしまった人は他にもいると思います(・_・;)

2018/02/26 (Mon) 21:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment