トークンとは?仮想通貨(暗号通貨)との違いは?

仮想通貨。トークン。ビットコイン。イーサリアム。法定通貨。

● 仮想通貨≒暗号通貨:独自のブロックチェーン技術で作られた通貨(BTC:ビットコインやETH:イーサリアムなど)
● 法定通貨:円¥、ドル$、etc 紙幣や貨幣などの実体のある通貨
● トークン:元々は証拠・記念品・代用貨幣・引換券・商品券などの意味を持つ英単語。暗号通貨の世界では、(ビットコインやイーサリアムなどの)既存のブロックチェーン技術、プラットフォームを借りて作った通貨のことを指すことが多い
● ブロックチェーン(分散型台帳):ブロックチェーンには初めてのマイニング(採掘)、つまり最初に取引が行われたときから今現在までの取引が記録されています。


スポンサーリンク

     仮想通貨。トークン。BTC。ビットコイン。

法定通貨はみなさんご存知の円¥やドル$などの実体がある通貨のことですね。
仮想通貨(≒暗号通貨)は、イラストのようなコインは実際には存在しません。

仮想通貨と暗号通貨は、同じ意味と考えていいです。細かい点で違うと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも大差はないです。ニュースなどで仮想通貨と呼ばれることでこの言葉が一般化していますが、海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)という用語が使用されています。どちらかというと、正式名称は暗号通貨で、仮想通貨は通称といった感じでしょうか。

トークンとは、主に企業が新しい事業を立ち上げるにあたり、資金供給のために発行されるものです。
これをICO(initial Coin Offering/イニシャル・コイン・オファリング)といいます。私が積極的に投資してるのがこれです。
※ ICOについては詳しくはまた別の記事で紹介させていただきます。

企業が発行したトークンを、出資者はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で購入・交換し(法定通貨で交換できることもあります)、トークンを発行した企業はトークンと交換した仮想通貨を売却することで資金を得る事ができます。

このトークンを発行する際、企業側は株式のように自由に発行制御を行うことができるのですが、株と大きく異なる点の1つが、トークン保有者は議決権を持って経営に関与するといったことは一切できないということです。また、証券会社を通さずに自社で発行、管理できるため、コストの軽減につながるといったメリットなどもあります。

新規株式公開(IPO)の仮想通貨バージョンですね。
ICO(initial Coin Offering/イニシャル・コイン・オファリング)には詐欺まがいなものもあるので注意が必要です。真っ当なものであっても、トークンの価値が上がらなかったり、価値が下がることで損失を被ることもあります。



ざっと説明させていただきましたが、広義の意味での使われ方、狭義の意味での使われ方で意味や解釈が違ったり、その言葉が使われるシチュエーションでも意味が多少変わってくるところもあります。
基本的な知識を身に付けるという点で、参考にしていただければと思います。


ブロックチェーン技術を学び、Solidityでアプリ開発



← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment