国内の仮想通貨取引所:coincheck(コインチェック)の登録

coincheck、コインチェック、国内、日本、取引所、仮想通貨、暗号通貨、BTC、ETH、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、

2018/1/26にハッキングにより「XEM:ネム」が流出。

コインチェック代表が緊急会見 顧客の仮想通貨約580億円分の流出を認める (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

仮想通貨取引サイト「Coincheck」を運営するコインチェックは1月26日、都内で会見を開 - Yahoo!ニュース(ねとらぼ)


2018/1/28に補償内容が発表されました。補償金額: 88.549円×保有数。
セキュリティに問題があったとはいえ、今回の騒動に対する補償内容の発表は好感されていますね。普通、すべてが補償されるなんてないですからね。一応、コインチェックも被害者ですし…。


お笑い芸人の出川哲郎さんが出ているテレビCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか?それもあって知名度は高いと思いますが、使い勝手が良いということで実際に使っている人も多いです。実際に取引に使うかどうかは別として、登録してチャートや値動きの確認の為に使うだけでも便利だと思います。




スポンサーリンク

     

coincheckの特徴は?

・ 日本国内の大手仮想通貨取引所。
・ サイトが分かりやすい。
・ スマートフォンアプリが使いやすい。
・ 13種類の仮想通貨の取引が可能。
(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XMR、REP、XRP、ZEC、XEM、LTC、DASH、BCH)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



日本円の入金方法

いくつか入金方法はありますが、銀行振込で問題ないです。
「りそな銀行」「住信SBIネット銀行」の2つの銀行の指定口座がありますので、どちらかの銀行口座があると便利です。手数料は銀行手数料のみですから。ちなみに、「住信SBIネット銀行」は他の仮想通貨取引所でも指定銀行になっているところがありますので、仮想通貨用に「住信SBIネット銀行」の口座を開設するのもよいかもしれません。
(詳細は、直接サイトで内容を確認するようにお願いします。)


どんな仮想通貨の取引ができる?

coincheckでは、ビットコイン(Bitcoin=BTC)とその他12種類の仮想通貨をカバーしています。今後、取扱い通貨は増えていくものと思いますが、2018/1/8時点では全13通貨です。
ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びますので、せっかくなので憶えておきましょう。

coincheckのアルトコイン一覧
・ ETH:イーサリアム
・ ETC:イーサリアムクラシック
・ LSK:リスク
・ FCT:ファクトム
・ XMR:モネロ
・ REP:オーガー
・ XRP:リップル
・ ZEC:ジーキャッシュ
・ XEM:ネム
・ LTC:ライトコイン
・ DASH:ダッシュ
・ BCH:ビットコインキャッシュ

注意点:取引所での取引が可能なのはビットコイン(BTC)のみです。
では、残り12種類の通貨を買うときは??というと、「販売所取引」です。誰かから買うのではなく、coincheckから購入します。

「取引所取引」と「販売所取引」の違いを簡単に説明すると、
① 「取引所取引」は、買いたい人と売りたい人が直接取引をすることです。
② 「販売所取引」は、coincheckが取引相手となり、決められた価格でcoincheckから購入したり、coincheckに売却したりします。


例えば、ある通貨が100円で市場で売買されている時に、①は100円で売買が成立して手数料を別途負担することになります。ただし、2018/1/8現在ではcoincheckのビットコイン取引の手数料は無料なので、実質手数料はかかりません。
②の場合は、買いたいときは105円、売りたいときは95円と予め決められた価格で売買をする・・・ということになりますので、基本的には①の取引所取引の方がお得になるわけです。


簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

実際に仮想通貨の取引をしているひとは、複数の取引所をうまく使い分けています。私もそうですが、いくつかの取引所の口座を持っています。ただし、coincheckの口座も持っていますし、スマートフォンで値動きを確認したいときに活用するのもcoincheckのアプリを利用しています。


coincheckのアカウント登録方法

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

① トップ画面からメールアドレスとパスワードを入力してください。
② 入力したメールアドレスに確認のメールが届きますので、文中のURLをクリックして下さい。
③ 電話番号の登録:日本円の入金には電話番号の登録が事前に必要となります。
④ 携帯電話宛にSMSメールが届きますので、メールに記載されている認証コード6桁を入力して認証を完了させて下さい。
⑤ 本人確認書類の提出:電話番号の登録と合わせて、本人確認書類の提出が事前に必要になります。本人確認ページから必要な書類を提出してください。
(登録方法が多少変わる可能性もありますが、coincheckの指示通りに登録を進めれば問題ないです)

実際のサイト画面がどんなものか紹介しておきます。
「ウォレット」と「取引所」です。

coincheck、コインチェック、国内、日本、取引所、仮想通貨、暗号通貨、BTC、ETH、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、

coincheck、コインチェック、国内、日本、取引所、仮想通貨、暗号通貨、BTC、ETH、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、

13通貨すべてのチャートも確認できます。
「取引所」から「トレードビュー」に入っていくと、チャート画面にうつります。

coincheck、コインチェック、国内、日本、取引所、仮想通貨、暗号通貨、BTC、ETH、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、


非常に分かりやすいサイトですので、細かい点は実際に触ってみてください。
coincheckは、仮想通貨の登竜門的な取引所と勝手に位置付けています。
これから仮想通貨を始めたいという人は、まず登録しておくことをお勧めしておきます。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


※ 投資は自己責任でお願いします。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment