ICO ⑰:Omnitude(ECOM)

  • CATEGORYICO
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

Omnitudeはエンタープライズシステム上に構築されたプラットフォームです(UK:イギリス)。
Omnitudeはブロックチェーンのエコシステムにおける革新的な概念で、既存システム間の統合レイヤーとしてOmnitudeを活用することで、現在のシステムを交換する必要なくブロックチェーン技術を迅速に導入できます
他の競合との差別化も図られており、また競争するだけではなく協力することもできるなど面白い仕組みだと思います。

用語①:「eコマース」…コンピューター・ネットワーク上での、電子化された商取引全般のこと。
用語②:「エンタープライズシステム」…企業の業務システム全般、特に大型の企業システムのこと。


「Omnitude」のICOホームページはこちら
「ホワイトリスト」はこちら

ICOとは…Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開のことです。




     

Omnitudeとは

OmnitudeはHyperledger上に構築されたプラットフォームであり、サプライチェーンの作成に関わる電子商取引やエンタープライズシステムにブロックチェーンを統合しています。プラットフォームの「ECOM」トークンは、決済および決済に使用される基本レイヤーとして機能し、これらのシステム間の統合レイヤ-としてOmnitudeを利用することにより、既存のインフラストラクチャを置き換える必要がなくブロックチェーン技術が迅速に活用されます
他のソリューションは、ブロックチェーンシステムや従来のエンタープライズテクノロジを統合して動作して、Omnitudeのようにエコシステムを構築することはできません。

Omnitudeは以下の項目を実現するために役立ちます。
・ 透明性などの実現とサプライチェーンの作成
・ eコマース詐欺の大幅な削減
・ Omnitudeに接続された電子商取引サイト全域で使用するための単一の顧客IDの有効化
・ ERPとWMSなどのエンタープライズシステム間のブロックチェーン統合
etc・・・




eコマースに関連する現在の問題

2016年には、世界中の小売電子商取引の売上高は1兆8000億ドルに達し、2021年には4兆4800億ドルに拡大すると予測されていて世界最大の市場の1つです。電子商取引の主要課題は、不正行為(支払い、クリック、レビュー)サプライチェーンプロセスの透明性と高い取引手数料といったことが挙げられます。例えば、ある調査によるとオンラインレビューの1/3は偽物であり、マーチャント自身のサポートや競合他社の評判の低下を意図していることが示されています。


ブロックチェーン技術の迅速な導入

Omnitudeプラットフォームはミドルウェアとして機能し、既存のシステムにブロックチェーンテクノロジを簡単に統合し、その機能を変えることができます。
Omnitudeは、Linux Foundationが主催するオープンソースのグローバルな共同プロジェクトであるHyperledgerの上に構築されます。Hyperledgerは、企業間取引と企業間取引を可能にする許可されたブロックチェーンプロトコルです。
Omnitudeテクノロジーは、さまざまなアプリケーションを構築することを可能にします。
Omnitudeチームは、オープンドキュメンテーション、サンプルコード、サポートを通じて、独自のコミュニティを構築し、独自のコミュニティをサポートします。

Omnitudeテクノロジが解決する電子商取引内の特定の問題は次のとおりです。
- オンライン決済詐欺(カードが存在しない(CNP)取引の3分の2が不正である)
- サプライチェーンの模倣品と海賊版商品(小売業者の86%が携帯電話の商品によって傷ついていると言われています)
- Identity confirmation(異なる小売業者間で同じ情報を提供する複数のログイン)
- 取引手数料(ゲートウェイプロバイダーの手数料にはトランザクションあたり約2.9%が費やされます)


ICObenchの評価は?

気になるICObenchの評価を見てみましょう。22人のエキスパート評価を加えて4.7/5.0点とかなりの高評価です。
バランスが取れた評価で、この分野においてチーム力が高く評価されているということは魅力です。
「ICObench」のOmnitude評価はこちら
OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム


ECOMトークンとは

OmnilayerプラットフォームでOmnitudeを使用してECOMトークンを起動します。加盟店、顧客およびサプライヤーは、ECOMを使用してOmnitudeエコシステムに参加することができます。
Omnitudeは、Linux Foundationが主催するオープンソースのグローバルな共同プロジェクトであるHyperledgerの上に構築されます。Hyperledgerは、企業間取引と企業間取引を可能にする許可されたブロックチェーンプロトコルです。
Hyperledgerアーキテクチャは、Omnitudeエコシステムが構築されるコアブロックチェーンサービスを提供します。Omnitudeエコシステムは、上記のもの(商人、顧客、サプライヤー、宅配会社、系列会社/紹介者)を含む様々なエンティティで構成されます。
いずれの当事者もOmnitudeエコシステムに参加してECOMを獲得することができます。また、ECOMが記載されている取引所では、普通通貨や他の暗号化通貨の代わりにECOMを購入することもできます。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム


ロードマップ
OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム


チームメンバー&アドバイザー
OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム


ICOの概要

「Omnitude」のICOホームページはこちら
「ホワイトリスト」はこちら

・ トークン名:ECOM
・ プラットフォーム:Hyperledger
・ タイプ:ERC20

・ PreICO:1 ECOM = 0.40 USDPresale枠は既に完売済み。
・ ICO:1 ECOM = 0.46 USD(2018/3/28 日本時間23:00~2018/5/31予定)
・ 最小投資額:市場価格により変動。ダッシュボードで確認可能。 (受入通貨:ETH・BTC)
・ 最大投資額:2万 USD
・ 総発行量:1億トークン
・ ICO供給量:5,500万トークン
・ Soft cap:1,000万 USD
・ Hard cap:2,070万 USD


ICOへの参加方法

「Omnitude」のICOホームページはこちら

上のリンクからICOホームページへ飛んでいただき、登録へ進めます。
下図の右上の赤○から登録します。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

下図のとおり、パスワードの設定等を行ってください。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

下図のようなメールが届きますので、リンク先をクリック!
ログインページに入れます。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

ログインできたら、ダッシュボードから2段階認証の設定、プロフィールの編集を行います。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

2段階認証は下図の通りです。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

ということで、まずは登録して本ICO(2018/3/28~2018/5/31予定)待ちです。
新たな情報が入りましたら更新予定です。
→ 2018/3/28 日本時間23:00に開始予定です。

「Omnitude」のICOホームページはこちら
「ホワイトリスト」はこちら

Telegram、テレグラム←OmnitudeのTelegramチャンネル(2018/2/27時点で登録者17000人超)。




購入はログインページから「Buy Tokens」をクリックして、BTC,ETHを選択して購入を進めていきます。
購入したいETH量を入力し、「Place order」をクリックして購入手続きを行います。
※ BTC,ETHの価格は変動するため、得られるトークン量は変動します。

購入したトークンは、自身のウォレットアドレスへ送金可能です。

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム

OMNITUDE、ECOM、ICO、仮想通貨、暗号通貨、トークン、ブロックチェーン、プラットフォーム、エコシステム、eコマース、エンタープライズシステム



※ 投資は自己責任でお願いします。


← この記事よかった!と思ったらクリックお願いします(^_^)

関連記事


お勧めの国内取引所:Zaif  「Zaif」の記事はこちら 
管理人のメイン取引所。イーサリアムの取引所からトークン取扱いもある国内大手の取引所。

 

お勧めの国内取引所:bitbank 「bitbank」の記事はこちら
リップルの取引するならbitbankがお勧め。モナコインやビットコインキャッシュも取扱い。

 

お勧めの海外取引所:Binance 「Binance」の記事はこちら
ICOするなら開設しておきたい海外取引所の1つです。トークンの取扱いがとにかく多いです。
Binance、バイナンス、仮想通貨、暗号通貨
 



スポンサーリンク

  


0 Comments

Leave a comment